読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ケーススタディの人生

不満足な生活を脱して充実した生活を送りたい方必見!

MENU

まわりと話が合わないのは悪いことではない!? 話が合わない人はどうすればよいか

スポンサードリンク

f:id:murasakai:20160311220952j:plain

「話の会う人がいない」
「周囲と話が合わなくなってきた」
「まわりと話が合わなくて辛い」

周囲と話が合わなくなるのは、成長の過程でありがちです。

話が合わないと感じたら、それはあなたが成長している証拠。

成長の段階によって合う話の内容は異なってきますし、何年も同じことを話すのもめずらしいです。

話が合わないのは人生のステージ変化の境目にいるということなので、悪く思う必要はありません。

むしろ周囲と話が合わないのをいいことと捉えるべきです。

 

話が合わないのは悪いことではない!?

「話が合わない」というと、一般的には悪いことのように思えます。

協調性が重要というのは小さい頃から学校で教え込まれ、まわりの人と話が合わないことに対してネガティヴに思ってしまう人は少なくありません。

たしかに話が合わないとその場にいづらいですし、自然と「自分には協調性がない」と思ってしまうもの。

しかし、実のところ話が合わないのはマイナスではありません。

一見してマイナスのように思えますが、よくよく考えてみると悪いことではないことがわかります。

 

成長に孤独は付き物

人間、成長とともに話す内容は変わっていくものです。

ある時期は遊びに夢中になり、ゲームのことばかり話す。

ある時期はエンタメのことばかり話し、流行に敏感。

ある時期は将来のキャリアについて話し、真面目君になる。

このように会話の内容というのは人生のステージよって変わります。

学生と大人とで話が合わないのは人生のステージが全然違うからですし、話が合わないくて当然です。

また、話す内容にはその人が今、興味関心を持っているものが現れます。

ゲームのことを話すのは、ゲームに興味のある時期だから。

流行のことばかり話すのは、流行りのことに夢中な時期だから。

周囲の人のことを話すのは、世間体に対して興味がある時期だから。

成長とともに興味関心は変化し、それに応じて話すことも変わります。

これは言いかえれば、話すことが変わらないというのは、それだけ成長していないということ。

あなたが成長していくにつれ、話が合わなくなるのは必然的なこと。成長するにつれ興味関心は変わっていくので、話が合わないのを悩む必要はないのです。

f:id:murasakai:20160315093453j:plain

成長において、周囲と話が合わなくなるような孤独は付き物です。

話が合わなくなったり、友達付き合いが減ったり…

あなたにもそのような経験があるはずで、人生のステージが変わる場面では付き合いがなくなる人も多かったことでしょう。

中学に上がったときには部活に入り、小学校の友達とは付き合いがなくなった。

高校に上がってからは、幼馴染との付き合いがなくなった。

大学に来てからは、高校の同級生と価値観が合わなくなった。

このように、成長や変化が大きいほど話す内容や考え方にも違いが生じ、話が合わなくなるのもごく自然なことなのです。

もし話が合わないのが悪いことだとしたら、上記した例のように、周囲と話が合わなくて疎遠になるのも悪いことになります。

成長に応じて興味関心が変わり、関わる人も変わっていく。これは別に悪いことではなく、成長するうえでは普通のことです。

 

今の環境を抜け出すことをためらわない

では、話が合わない場合にはどうすればよいか。

答えは簡単。

今いる環境から抜け出すこと。

あなたが成長している以上はこれが一番の解決策であり、ひとつ上の人生のステージに行くことで、話が合わないのも解消できます。

話が合わないのは成長しているから。

成長して能力が上がっているから話が合わなくなり、孤立してしまう。

あなたは実力の高さゆえに話が合わず、悩んでいるのではないでしょうか?

環境を変える、ひとつ上のステージに飛び込むというのは、成長しているあなたに合った解決策です。

転職、独立といったものは世間では批判されますが、成長している人にとってはむしろプラスのものとなります。

ひとつ上のステージに飛び込めば実力もそれ相応の人が集まり、自然と話が合いやすくなるもの。

成長の度合いやレベルが同じだと共通点を見出しやすく、その分話も合いやすくなります。

もしあなたが今いる環境を抜け出すのを友達に話した場合、もれなく「失敗すると思うよ?」的な言葉が飛んでくるでしょう。

しかし失敗するのは成長していない人であり、話が合わなくなるぐらいの成長速度の前では無意味です。

話が合わなくなるというのは、あなたが優秀である証拠。

興味関心が合わなくなるのは、それだけ早く成長しているということですので、たとえ上のステージに行ったとしても生き抜くことができます。

 

まとめ:成長とともに話の内容も変わっていく

成長とともに興味関心も変わる。

話が合わないのはそれだけ成長しているからで、興味関心がよりハイレベルになっていることの現れです。

今いる環境とは別の所に飛び込んでみると、そこには想像以上に面白い世界が広がっていることでしょう。

まずはあなた一人で、情報収集レベルでもいいので、何かしらのことに手を出していきましょう。

 

P.S.

環境を変えるにあたっての情報収集としては、リクナビNEXTで情報収集してみてもいいでしょう。

転職は環境を変えられ、エージェントを通すことで情報収集もしやすいです。

実際、転職をして生活が楽しくなった人はイキイキとしていて、理想の生活を送れているため、ポジティヴなオーラが感じ取れます。

人生のステージの変化にあたり、転職エージェントは非常に心強い見方となってくれます。

リクナビNEXT

 

こちらの記事もどうぞ!

孤立は悪いことではない 孤独に耐えて我が道を行け