読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ケーススタディの人生

生活や人間関係における考え方まとめ

MENU

デキる人や稼げる人の行動の特徴をまとめてみた

デキる人の行動法則 まとめページ 仕事 ビジネス

スポンサードリンク

f:id:murasakai:20160425170352j:plain

仕事がデキる人、チャンスをものにして稼いでしまう人たちには、共通して見られる行動があります。

彼らがなぜ結果を出していい思いをできるかといえば、結果を出しやすい行動を知っているから。

結果につながりやすい行動について知っているからこそバンバン結果を出して人より上に立てるのであり、行動あっての結果です。

しかしながらデキる人の行動は原理的なものが多く、天才肌ですべてをやってのける人は思いのほか少ないです。

結果を出せない人が結果を出したければ、デキる人の行動法則から学んで実行するのがいいでしょう。デキる人が結果を出せるのは正しい行動を取っているからであり、それをまねることで普通の人も結果を出せるようになります。

 

目次

 

デキる人の行動には特徴があり、凡人が結果を出したいなら、それを素直にマネするのみ。彼らは何も特別なことはしていなくて、単に結果につながるかどうかをベースに動いています。

以下にデキる人の行動をまとめましたので、

  • デキないままで人生を終えるのはイヤだ!
  • 今は結果を出せてないけど、将来的に結果を出して活躍したい!
  • 成功して楽しい人生を送りたい!

という人は、ぜひとも記事を読んでみてください。書いてあることをひとつひとつ実践していくことで、あなたもデキる人の仲間入りです。

 

デキる人の行動一覧

デキる人の仕事術

www.murasakai.net

www.murasakai.net

結果を出せる人の仕事の仕方には

  • 細分化して作業化する
  • リスクを取るべきところを見極める

といった特徴があります。

前者はゴールから物事を考え、日々のタスクレベルまでやることを落とし込むということです。やることが決まっていれば行動しやすいですし、余計なことを考えずに済むでしょう。

後者はゴールの設定の面で大きく影響し、チャンスが来たらそれを活かせるように計画を考えるということです。せっかくチャンスが来ても、チャレンジしなければリターンはありません。

デキる人や稼げる人は余裕を持たせてスケジュールを組み、チャンスが来たときにも対応できるように予定を考えています。余裕を持って行動し、チャンスが来たら躊躇せず動く。これがデキる人の仕事の仕方です。

 

デキる人のコミュニケーション

www.murasakai.net

仕事がデキる人はコミュニケーション能力が高いといわれますが、はたしてコミュニケーション能力と何なのでしょうか。
これには決まりきった答えはなく、定義はいくらでもしようがあるのですが、「相手の気持ちや考えを読む」というのは間違っていないでしょう。

相手の思考に先回りして動くことで仕事をスムーズに進められますし、顧客相手に先回りができれば商品を買ってもらうことができます。

デキる人は相手の考えを読むのが上手で、みんなが見ていないところで週刊誌を読むこともめずらしくありません。それぐらいのことをやっているからこそ相手の考えを読めるのであり、ニーズに合った行動ができるのです。

 

デキる人の勉強法

www.murasakai.net

www.murasakai.net

仕事をするうえでは勉強を避けては通れません。
そして勉強の仕方の違いは仕事のデキるデキないに影響し、効率よくポイントを抑えた勉強はアウトプットをよりよいものにしてくれます。

デキる人の勉強方法には

  • 作業の途中でやり直すのを避けるため、一気に勉強を終わらせてしまう
  • モレのない勉強により、必要な知識全体をカバーする

という特徴があり、仕事を効率化させるために勉強のやり方も工夫しています。

集中したインプット、モレのないインプットを心がけることにより、仕事におけるアウトプットは想像以上に改善されることでしょう。インプットを工夫することで、仕事の結果というアウトプットの改善につながるのです。

 

デキる人の判断基準

www.murasakai.net

デキる人の判断基準には「善悪ではなく損得で判断する」という特徴があり、結果を重視して判断します。

仕事は結果がすべてだということをデキる人たちは理解しており、結果を最大化させることをベースに考えるもの。仕事に善悪など必要なくて、結果を出すのが目的なのを、彼らは理解しているのです。

善悪を判断の基準にしていては結果はいいものになりませんし、チームがまとまるということもないでしょう。善悪という判断基準は人によって定義が異なりますし、仕事のクオリティに貢献するわけでもありません。

 

f:id:murasakai:20160613075932j:plain

デキる人の情報整理術

www.murasakai.net

デキる人は情報の受け取り方、解釈の仕方が上手です。
同じ情報を受け取っても解釈の仕方で結果は大きく変わり、結果を出そうというのであればそれ相応の解釈力を身につける必要があります。

たとえば「コツコツ働くことが成功するには大切」と聞いたとき、デキない人は単にコツコツ働くことだとしか考えません。
実際にはチャンスが来たときにはリソースを全投入する必要があり、チャンスが来たときに全力で動けるようにしておくため、「コツコツ働く」ことが大切なのです。

ほかにも、チームのメンバーに向けた情報はあらかじめ加工されたうえで発信されますから、内部の状況を考えられる人は結果を出しやすいです。情報の背景を正確にとらえられるのが、仕事がデキる人になるには欠かせません。

 

デキる人の休憩のとり方

www.murasakai.net

仕事がデキるようになりたければ、休憩時間のとり方にも気をつけるべきでしょう。
デキる人は混雑していない時間帯を使って食事をとり、わざわざ行列に並ぶような真似はしません。

混雑する時間帯というのは、待たされることで時間を取られるわけです。
行列に並ぶ時間があれば作業をいくらか片付けられますし、そもそも混雑する場所というのは気力と運気を奪われます。

デキる人は混雑が仕事におよぼす影響というのをよく理解しており、混雑を避けて休憩することで仕事に回せる時間や体力を減らさないようにしているのです。

 

デキる人の睡眠時間

www.murasakai.net

仕事で結果を出している人を見ると、睡眠時間を削って仕事を勉強していると考えてしまいがちです。

しかしながら現実は真逆で、睡眠時間を削って結果を出している人はごく一部。睡眠時間をしっかりと取り、集中力をもって仕事に取り組むことが仕事で結果を出すうえでは重要です。

結果を出したいからといって睡眠時間を削ってしまっては、集中力が落ちてミスが増えてしまうでしょう。睡眠をしっかりと取って体調を整え、集中して仕事に取り組むことが結果を出すための近道です。

 

デキる人のスランプ対処法

www.murasakai.net

仕事がデキる人はスランプの対処法もうまいです。

結果を出せる人はスランプに陥った際、ほかにやれることを見つけて取り組みます。スランプ時には行き詰まっているところよりも、それ以外の部分に取り組んだ方が効果的。

仕事をするエネルギーをすり減らさないようにするには、行き詰まっているところにエネルギーを投入しないことが大切です。

ほかのことをやっているうちに、行き詰った部分の解決策も見えてくることでしょう。むずかしい問題にあたったら、簡単な問題から片付けていくのが一番です。

 

デキる人の習慣

www.murasakai.net

デキる人の習慣には科学的に効果があるのかアヤシイものもありますが、そういうのをやっているからこそ結果が出ているといえるでしょう。

  • 早起き
  • 紙媒体の活用
  • 同じものを食べる

科学的に効果があると証明されてしまえばみんなが殺到し、仕事における結果も差がつきにくくなります。

デキる人は科学的な証明がなくても、アウトプットを改善してくれるような方法があれば迷わず使います。うまくいけば使うし、効果がなければ使わない。科学による証明など待っていられないのです。

 

f:id:murasakai:20161109125636j:plain

Q&A

Q.デキる人になるには才能が必要なの?

才能が必要というよりは、「自分が得意な分野で頑張る」といったほうが正しいです。

仕事がデキる人というのは自分の得意が何かを正確に理解しており、どこで頑張れば結果が出やすいかをわかっています。

あなたが苦手なフィールドで頑張っても、そこまでの成果は出ないでしょう。
結果を出したければ自分の得意に素直になり、得意なフィールドで努力をするようにしましょう。

 

Q.成功するしないの違いって結局何なの?

一言でいえば「努力の方向性」。

仕事がデキるようになるための方法を素直に実践することは大切で、上記したようなデキる人の行動を、自分の得意な分野で行うようにすることが成功への近道です。

量をこなすにしても方向性を間違うと意味がありませんし、自分の苦手で努力しても報われません。また質の高い仕上がりというのは得意なことをやっているからこそ実現できるのであり、自分が前のめりになれないことをやっていてもアウトプットの質は上がりません。

 

Q.今は結果が出ていないけど、将来的に結果が出せるようになる?

問題ありません。
「正しい方向で努力」し、そのうえで量をこなせるようになれば、間違いなく結果を出せるようになります。

そもそも、「今はまだ結果が出ていない」ということの原因は何なのでしょうか?
ハードルを高くしすぎていることなのか、自分の苦手で頑張っているせいなのか。

自分の得意が何なのかを把握し、そのうえで結果を出すための努力をすることが重要です。

 

Q.コミュ力を上げればデキる人になれそうだけど、どうすれば上達するの?

常に相手のニーズを読んで行動しましょう。
言葉になる前に動くことがデキるようになるためには欠かせません。

相手が何を考えているのか。
相手が何を欲しているのか。
相手は何に困っているのか。

このあたりを理解することがコミュニケーション能力上達のカギであり、背景を考えることが大切です。

相手は何をして欲しいのかを言葉にしてくれませんし、何に困っているのかをわかりやすく説明してくれる保証もありません。
だから言葉になる前に動けるようになるべきであり、いちいち自分で言葉にする手間を省いてあげることで、仕事が自然とデキるようになっていきます。

 

Q.育ちが悪くても活躍できるようになる?

問題ありません。
自分の得意を把握し、正しい方向性で努力するという一連の流れを素直に実行できれば、バリバリ結果を出せるようになります。

ただ、自分の得意に素直になるという点については周囲からの圧力があり、なかなかうまくいかないでしょう。

あなたが自分では得意だと思うことでも、周囲は経歴やブランドから「安心」できるキャリアを強要してきますので、それに屈しないようにする必要があります。

 

Q.学歴がなくても問題ない?

問題なし。
仕事のデキるデキないなんて学歴は関係なく、完全に実力主義だと考えるべきです。

学歴は仕事の能力を担保するわけではなくて、リテラシーや忍耐力ぐらいしか保証してくれません。学歴があっても努力の方向性を間違えない保証はありませんし、学歴があれば100%成功するとも限りません。

学歴を気にして悩んでいるヒマがあったら、1時間でも多く読書や作業に充てるべきでしょう。学歴を気にして活躍できないのが一番ダメです。

 

Q.みんなと一緒に動く人がデキる人だと思うけど、違うの?

違います。
仕事における結果は、友達の多さとは関係ありません。

時間を大切にする、限りある時間を有意義に使うという点では、ひとりで作業する時間が重要です。みんなで群れて動くことがいいことのように見えますが、実際には真逆。群れて動くことで時間を無駄遣いしてしまい、仕事に回せる時間がなくなるということにもつながりかねません。

群れて行動して時間を消費するよりかは、ひとりで動いて時間を有効活用する方が効果的。時間を大切にすることが重要であり、付き合いの多い少ないは問題になりません。

 

Q.睡眠時間を削って努力しなきゃいけないんですよね?

いいえ。
睡眠時間を削ると集中力が落ちてしまい、仕事に悪影響を与えます。

そもそもの話、出世する人、稼げる人の話では、睡眠時間が少ないことがこれでもかというほど強調されます。それを真に受けてはダメで、マスメディアが大衆向けに加工した内容であることに気づくべきです。

睡眠時間を削ってもいいことはなく、よほどのことがない限り睡眠時間はしっかりととるべき。睡眠をしっかりと取り、いつも万全の状態で仕事に臨むことが成功へのカギです。

 

Q.当たり前のことばかり書いてあるけど、こんなのでうまくいくの?

問題ありません。
デキる人が結果を出せるのは当たり前のことを徹底的にこなしているからであり、常人ではやめてしまうレベルまで徹底するからこそ常に結果を出し続けられるのです。

いつも通り早寝早起きし、集中して仕事を片付けてしまう。
やるべき仕事を午前中に終わらせてしまい、午後は好きな仕事をする。

言葉では簡単ですが、これを年単位で継続するとなるとむずかしいでしょう。
デキる人は当たり前のことをいつも通り、それを年単位でこなすから結果を出せるのです。

 

まとめ:当たり前のことを徹底的にやることが、成功への近道

まとめてみると、デキる人の行動はごく普通のことだらけです。
しかしそのごく普通のこと、いつもどおりのことを毎日欠かさずに実践するからこそ仕事で結果が出せるのであって、当たり前を徹底するところに秘訣があります。

「あの人はなぜ結果が出ているのか」と思ったら、その特徴を観察してみてください。当たり前のことを徹底的にこなしているはずです。

デキるデキないの違いはほんのちょっとなのですが、その微妙な差が長期的には大きな差になり、結果を出せる出せないに影響するのです。