読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ケーススタディの人生

生活や人間関係における考え方まとめ

MENU

クリエイターは不倫から学べ! 叩いてるだけじゃ消費者

ビジネス エンタメ ニュース

スポンサードリンク

f:id:murasakai:20160324184845j:plain

乙武さんの不倫が話題になっているようですね。

news.livedoor.com

 

ニュースのネタとしては優秀ですね。
なんせ「不倫なんてケシカラン!」みたいなひとが大量に見てくれるんですから。
媒体が変わろうが通じる鉄板ネタです。

 

不倫はコンテンツ

道徳的には不倫は許されざるものでしょう。

しかし自分とは関係ない他者の不倫を叩いても仕方ありません。

それでも暇人たちが集まってくれるのがネットというもの。
みんながツイッターなりブクマなりで拡散してくれるので、書き手としては割のいいネタです。

 

アンチコメしたりして騒いでくれるので、今後も鉄板ネタであることは変わりないでしょう。この手のネタは政治関連同様、PVを稼ぎやすいです。

 

メディアクリエイターは不倫から学べ

もしあなたが物書きならば、この不倫からコンテンツの作り方を学ぶべきです。

特に個人で運営するのであれば重要。

 

不倫というのは「イデオロギー的に否定できるもの」ですよね。
このような話題に人々が飛びついてくるのは必然的です。

タイトルも大事ですが、題材も無視できないところ。
このように一般化することで、今後はどのようなネタを扱えばいいのか見えてくるはずです。

 

話題になる記事というのも、大抵は「わたしは〇〇派だ!」みたいな要素があります。

書いたことに対して批判してくるひとがいるのを想定している。
持ち家論争についてもそれが当てはまります。みんな議論したいのです。

 

批判するだけの消費者から脱出しろ

乙武さんの不倫について、ブクマしてネガコメしているだけでは消費者のまま。
もしPVやお金を稼ぎたければ、記事を作る側にまわる必要があります。

 

不倫について書かれた記事があったら、どのようにして書かれたか、書き手はなぜこの話題を扱っているかについて考えてみる。そうするうちに舞台裏の様子が見えてくることでしょう。

それによってPV操作できるようになればシメたものです。

 

ブログ運営者であれば、今回の不倫を参考にネタ本を作るといいでしょう。
100個ぐらいネタを用意しておけば困らないはずです。