読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ケーススタディの人生

不満足な生活を脱して充実した生活を送りたい方必見!

MENU

本当のグローバル力とは、英語ができることではない

スポンサードリンク

f:id:murasakai:20160317095038j:plain

グローバル力と聞いて、みなさんは何を思い浮かべますか?

英語を思い浮かべるひとは多いですが、本質的に考えた場合、英語力というのは正確ではありません。

初対面の人とうまく会話するには、何が必要でしょうか?

なぜ「グローバル力=英語」という風潮が存在するのでしょうか?

グローバル力の本質を理解できれば、あなたもコミュニケーションの達人になることが可能です。

 

目次

 

異文化を理解できますか?

まず、結論から。

本当のグローバル力とは、異文化を理解する能力のことです。

単に英語を理解するのはグローバルとは言えません。

そこを履き違えてしまうと大変。相手の文化が理解できずに傷つけてしまうということもあります。

みんながTOEICだの英語だの言ってますが、大切なのは自分で読み書きできること。

いくら英語というツールがあったところで、その使い方を知らなければ意味がありません。

初対面の人に政治関連のことを話され、自分の国が傷つけられるような話をされたら、あなたはどう思うでしょうか?

おそらくはイヤなはずで、もうその相手とは二度と会いたくないと思うはずです。

 

相手の考えを理解する

何を言えばいいのか。
何を言ったら喜んでもらえるのか。
何を言ったらダメなのか。

これらの理解が、グローバル力を身につけるうえでは大切です。

会話していた時にうっかり失言してしまい、あとでひどいめに遭ったということも。

これからはグローバル化がどんぼん進んでいくので、自分の会話が隣に聞こえているとかも考えて動くといいでしょう。

ジョークの通じない相手に目をつけられると厄介。帰り道にブスリやられても不思議ではありません。

グローバルというのは多様な人種が交流しあうことです。

決していいことばかりではなく、気づかいの必要性が増えるなど面倒な部分もあります。

 

国内でもグローバル力は生きる

似たようなことは国内でもありますよね。

被災地まわりのことなど、話題にしづらいことがあるのも一緒です。

政治関連のことはあまり話題にしない方がいいでしょう。

これは国内国外の相手ともに変わりません。

さまざまな文化が混じりあう以上、何を言ったらダメかは理解しておく必要があるでしょう。

その他にもイベントを企画する際には宗教に配慮するなど、やることは基本的に決まっています。

相手の文化を考え、相手の立場に立って考える。これができるかどうかの違いは大きいです。

できるひとはスムーズにコミュニケーションが取れますし、できないひとはずっと苦労したまま。

グローバル化といってもやることはあまり変わりません。コツを押さえたコミュニケーションができるかどうかです。

 

まとめ:グローバル力は相手を理解する力

いかに相手を気遣った言動ができるか。

いかに相手を理解することができるか。

英語というのはあくまでもツールで、グローバル力の本質は相手への理解にあります。

グローバルというのは、さまざまな文化出身の人が交流するということです。

万人に対して使える話題のテンプレを持っておくのは重要ですし、タブーを理解していおけば恐れることもありません。

英語を身につけるのではなく、英語をどのように使えるのかが大切なのです。