ケーススタディの人生

不満足な生活を脱して充実した生活を送りたい方必見!

MENU

教育・自己投資

自分へのご褒美を浪費から投資に変える方法

自分へのご褒美は浪費というのが一般論で、苦労の後にちょっとした贅沢をする人は情弱扱いされます。 たしかに「我慢→ストレス解消に贅沢」という流れがお金を無駄にすることに変わりはなく、アホに見えるのも否定できません。 しかし自分へのご褒美もやり方…

優秀な人は本当に英語が出来るのか? 仕事が出来る人の語学への考え方

英語が出来るとすごいと言われ、英語が使えない人の何倍も優遇される。 日本においては英語が使えるかどうかで扱いが大きく変わり、転職や昇進にも用いられるほどです。 しかし優秀な人とそれ以外とでは英語に対する姿勢に違いがあります。 デキる人はほかの…

お金の教養は一番の習いごと 親も子供も学ぶ価値あり

趣味や習いごとを何にするかというのはしばしば話題になります。ピアノや料理、英会話と、その選択肢は多岐にわたるもの。 もしあなたが無趣味で困っているのであれば、お金のことを勉強してみてはいかがでしょうか? お金のことというと習いごとに見えない…

ブラック企業から身を守るには、お金の教養や経営学を学ぶのが一番

ブラック企業や長時間労働問題はニュースが絶えませんが、問題の解決にはむずかしいものがあるでしょう。長時間労働がニュースになる頃にはすでに手遅れのようなものですし、そもそも大半の搾取は取り上げてすらもらえません。 仮にもし法改正でルールが変わ…

就職は時間の投資だが、多くの学生は実感がない

大学生にとって、就活は一大イベントです。大企業はみんなに人気ですし、学生はホワイトで給料がいいところ目指して就活をします。 しかし就職という選択肢を、時間の投資だと考えているひとは少ないです。 多くの大学生にとって就職とは進路を決めたり仕事…

お金の教養は早いうちに身につけるべき マネーリテラシーが、人生を安全で豊かなものにする

ここ最近、18歳の起業家が話題になっています。レールを外れることの是非、Web上でのキャラについて色々と記事が上がっており、ここまで話題になるのもめずらしいです。 もし彼が本当にビジネスをはじめて稼ぐのであれば、お金の知識がつくという点で大きく…

仕事が出来る人は言われる前に動く 口下手でもコミュニケーションには問題ない!?

指示される前に動けるかどうかは、まわりと大きく差がつくところです。気が利くというのも同じようなもの。 デキるひとは決まって言われる前に動くもので、指示する側の考え方を理解しています。 こういうのはコミュニケーションの一種ではありますが、実は…

仕事が出来る人は質問の作り方がうまい ノウハウを教えてもらうコツ

デキる人はわからないところを素直に質問する。これはよく言われることで、結果を出している人は実は教えてもらうのがうまいというのがあります。 「聞くは一時の恥聞かぬは一生の恥」という言葉と近いですが、できないところは知っている人に聞いたり、でき…

自己啓発本やビジネス書の読み方 本も適材適所

自己啓発本やビジネス書については、必ずといっていいほど「そんなゴミは読む必要がない」というコメントがなされます。たしかに古典や名作では本質について書かれまくっていますし、勉強にはもってこいでしょう。書かれている情報自体は参考になることばか…

経歴は能力を担保しない 才能は気づくもの

「苦手なことはさっさとやめるべき」「得意なことで結果を出しまくれ」 こういうのは昔からずっといわれ続けていることですが、いざ実行に移すとなるとできない人が多いです。 実際にはこれを実行に移せるか移せないかでかなり大きな違いが出てきます。結果…

大学は人生の夏休みだが、自己投資の絶好のチャンスでもある

大学生活については「人生の夏休み」というのが一般論です。 時間がたくさんあり、遊びや旅行を思い切りできるという点から、「大学生=遊ぶ時期」というのは常識となっています。 しかしながら、実際にその常識を鵜呑みにしてしまうと後々苦しむことになり…

仕事が出来る人は「モレのなさ」を重視する MECEができれば人生が変わる

「プレゼンで痛い質問が飛んできた」「長時間はたらいたが、やり直しになってしまった」 このような経験、誰もが一度はあるでしょう。事前準備をしっかりとしたつもりでも痛いところでミスというのは経験があるはずです。 はっきりいって、これを修正できれ…

仕事が出来る人の勉強法 優秀なプログラマに学ぶ、効率のいい勉強の仕方

「あの人はいつも仕事が速いし正確だ」「なんであんなにもアイデアが出てくるんだ」 優秀な人、デキる人に対しては、これらのようなことを思うでしょう。彼らのようになるにはコツがあり、それはアウトプットの試行錯誤だけではありません。 結論からいうと…

仕事が出来る人の仕事術 「徹底している」で終わってはいけない

仕事術はしばしば話題になりますが、本当にデキる人というのは意外と単純だったりします。 それこそ「忍耐力」「コミュニケーション力」というように、すんごいわかりやすいです。しかしながら、そこで解析を止めてしまっては単なる観察で終わってしまいます…

アウトプットの不安定さは受け入れるしかない 勉強の継続が苦手なひともどうぞ

勉強が毎日できない。読書を習慣化したいけど安定しない。記事を書きたいけど安定しない。 こういうのはかなりのひとが遭遇しているものと思われます。原因は大抵時間か疲れのどちらかにあるのですが、その解決はそこまで簡単ではありません。解決にあたって…

振りきれた性格やマイノリティの立ち回り方 極端な性格は「最後に」得をする

振りきれた性格のひと、マイノリティになってしまうタイプのひとは、しばしば人間関係で悩みます。あるいは世間体や恥というものに対しての考え方がまわりとズレており、反りが合わないということも。 そのようなゼロイチな点について、わたしとしては克服す…

重要な情報が欲しければ、話し方や聞き方を工夫しよう

質問には聞き方というものがあります。 明るい話題やメジャーなことなら何も考えなくてよいのですが、コアな情報を手に入れようと思う場合にはそれなりの方法を考えなくてはなりません。 エンタメのことについては真正面から聞いても問題ありません。 話題が…

仕事が出来る人の話し方 考え方は話し方にまま出る

話し方というのはその人の性格が出やすいです。 話しているときの様子で判断するというのは、一定の合理性があると見ていいでしょう。 これは「見た目が8割」という話と似ていて、細かい部分、ちょっとした部分にこそ性格があらわれるというものです。 たし…

運のよさに対する考え方 努力と成功はどう捉えればよいか

どんなことをするにせよ、運のよさというのは絡んできます。能力があっても最後には運ですし、成功しやすいやり方や体質があるのは否定できません。成功するしないはある程度プロセスによってコントロールできますが、できない部分があるのも事実。そのよう…

スポーツは学びの場として優秀 体育会系は不利になるのか

体育会系については賛否両論です。しかしながら、最近ではクリエイティヴさの重要性が語られる場面が出てきており、体育会系が不利になるかのように見えます。たしかに、与えられたことばかりをこなすという一面を見れば、そうなるのも不思議ではありません…

休む勇気と集中力 疲れたら寝るが吉

寝過ごすのがこわい、感覚を忘れそう。このようなことを思っているひとは多いのではないでしょうか。もしそのように思っているのであれば、休む勇気を持ってください。体力が回復することによるメリットは思いのほか大きいです。 目次 休む勇気を持て 睡眠時…

朝活の効率と集中力は異常

夜と比べて、朝の知的生産の効率はすごいと感じます。疲れていない状態でのアウトプットは、疲れている状態の数倍のスピードを持っていたり。体感的にはそんな感じで、もしかしたらそれ以上のものがあるかもしれません。 目次 朝の知的生産は効率的 短時間集…

大学のレポートの著作権は誰のもの? 引用の書式ばかりがネットに上がる件

引用や著作権についての記事はしばしばアップされます。しかしながらアップされるのは引用の形式やコピペ否定についての記事が大半であり、本質について述べた記事というのは思いのほか少ないです。 たしかに、引用の形式を守るだとかは大切です。引用がそれ…

夜の勉強は読書や暗記物がおすすめ 夜はインプットの時間

夜の時間というのは、アウトプットにはあんまり向きません。朝とちがって 疲れている タイムリミット感がない というように、どうしてもアウトプットの効率が落ちてしまいがちです。前者は日中の活動の疲れによるもの、後者は寝る時間が自分で調節できること…

入部や退部を考えている人必見! 大学で部活をやるデメリットとメリットを解説する

大学生活も6月あたりになると、そろそろ実態がわかってくるもの。 特に部活動に入っている人なんかは、「辞めたい」と思いはじめる時期。 また生活の充実度のなさが気になる人が出てくる時期でもあります。 大学での部活動にはメリット・デメリットの両方が…

仕事や勉強における、教わる側の聞き方の基本

先日、ひとに何かを教わる際にはさまざまなものが必要だと気づくできごとがありました。ちょっとした質問からセミナーまで共通するようなことですが、それが身に付いているひとはかなり少数。 「時間の使い方のコツ」というテーマで話していたところ、相手が…

どうすれば読書習慣が身につくのか 読書の重要性

読書というものについて、わたしは努力値のように感じているところがあります。義務教育で授けられる知識がレベル上げだとすれば、読書で得られる知識は努力値。同年齢での比較という観点から考えた場合、努力値のように考えてもそこまで矛盾しません。

朝読書におすすめの本12冊

朝の読書は効率がいいです。 起きたばかりの時間には 疲れていない 気持ちいい状態で読書ができる というアドバンテージがあり、読書時間のなさが気になる人でももれなく読書できてしまいます。 朝の時間の読書は帰宅後の疲れた時間帯と比べ、非常に集中しや…

本やブログの効率的な読み方 矛盾を見つけたらどうすればよいか

同じひとのブログや本を読んでいると、矛盾していることがあるでしょう。「このひと、前にはこんなこと言ってたけど、言ってることちがうじゃん」みたいな。 たしかに、言っていることがデタラメだと感じられるかもしれません。しかしそこで揚げ足取りをして…

共働き夫婦のためのお金持ちの教科書がすごい!

買い物、子育て、住まいというのは、家族の課題であります。それらについて詳しく書かれているのがこの一冊。 これを読んでおけば、お金を稼ぎやすい夫婦になれるでしょう。 特に、子育てとお金の話し合いについては非常にすばらしいことが書かれています。…

お母さんの請求書という刷り込み 愛は幸福を担保しない

わたしが小学生のとき、道徳の授業で「お母さんの請求書」というのがありました。一般にはブラッドレーの請求書と呼ばれるもので、家族愛の大切さについて教えるためのものです。 今思えば、そのときの授業は刷り込みとしての意味合いが強かったなぁと。もと…

授業でのグループワークに何を見るか 絶対に編集者になったほうがいい理由

情報のハブになるというのは何も特定のサークルに入るだけではなく、教育の過程においてもその重要性は体験できるものです。 今やパワーポイントでのスライド作成は教育の過程で必ずといっていいほど教わります。グループでの作業になることもめずらしくなく…

「○○すべき」にひそむワナ 批判の9割は聞かなくても問題ない

今日も今日とてネットでは論争が繰り広げられます。記事を書く→「○○すべきだ!」みたいなコメントをもらうというのを経験したひとは少なくないはずです。そのようなべき論に対して、あなたはどう考えますか?べき論への姿勢は考えておいて損はなく、身を守る…

勉強のカギは出会いと素直さ 勉強もある意味で運ゲー

勉強においては素直さが大事というのはよく言われますが、学問との出会いについてはあまり語られません。しかしながら、自分の役に立つ学問と出会えるかというのもこれまた重要。ひととの出会い同様、学問にも出会いというのは存在し、時として思考回路を変…

成長はカネで買える 成長したければ場数をふめ

「お金で買えないものはない。」この言葉は100パーセント正しいわけではありませんが、かといってまったく役に立たないというわけでもありません。 成長という点では、多くのものがお金で買えます。 本や教材を買うというのは本当に手軽かつ簡単に思いつくも…

新しい環境への異動って運ゲーだと思うの 人間関係というリスク要因

新しい環境に移るのって、個人的には運ゲーだと思います。いくら異動先のことを調べられたとしても限界があり、結局は運と適応力が大半です。

お金持ちになりたければ、自己投資や自己啓発には注意が必要

「ブログで○○万稼いだ」「こんな贅沢な暮らしをしています」 このタイプの記事は定期的に投下されるものです。儲かった系の記事を見てどう思うかというのは非常に重要な点で、感情に流されずに本質的なところを見るべきでしょう。 書いたひとがセミナーや書…

満員電車はあらためてクソだと感じた 移動時間は軽視できない

この間学会に行ってきて感じたのですが、満員電車ってやっぱクソですね。会場までの移動時間、何もできない時間が続き、生産性が下がりまくり。たとえひとが少なくなっても、やれることは読書ぐらい。集中力が下がるというおまけ付きなので、いい印象は持ち…

「ノート見せて」と言われてもわたしが怒らない理由 ノート写しはベーシックインカムと似ている

「授業休んじゃったからノート見せて」学校生活において、こういうのはザラにあります。ノートを見せてと言われたとき、あなたはどう思いますか?他人がラクをすることに対する考え方って結構重要です。

大学って不思議。 論文は成果なのか

大学の研究って不思議だなぁと感じることがあります。それは研究に対する考え方に、個人主義と共同体の両方が共存するということ。 研究のノウハウが研究室内に留められる一方で、論文については成果として扱われます。論文が成果、つまり利益扱いされている…

ブログを書いているとレポートが楽勝な件

授業の出席用のミニレポート、ブログをやっていると物足りなくなってきますね。大学で授業終わりに書いて提出しろとか言われるアレです。 ブログをやっているとふつうに1000字2000字書くじゃないですか。3000字もめずらしくなく、6000字もごくふつうなレベル…

学生ベンチャーという夢 大学における違和感

大学院になってからというもの、学生ベンチャーの話が少なくない頻度で出てきます。実際、学内には分野が限定的ですが起業関連の施設があり、また大学との連携ということで話題になってもおかしくはありません。授業において学生ベンチャーの素晴らしさが語…

お金に縁のあるひとたちって大抵固まってるよね マイノリティを探すにはマイノリティをたどれ

お金持ちの子供はぶっ飛んでいる以外にも特徴があります。それは「お金に縁のあるひとたちって固まっているよね」というもの。 お金持ちの子供が極端という記事で紹介したA君ですが、あれ以外にもおもしろいところがあって、学生で会社持っているひととつな…

「京大を出て専業主婦」について、みなさんはどう考えますか? 学歴に関する考察

京大卒の専業主婦の記事、話題になってますね。 seramayo.hatenablog.com 記事の内容も、記事へのコメントも、だいたいのひとは言いたいことがわかることでしょう。書いてあることを理解するだけならそこまで苦労はしません。 しかし、これと似たようなもの…

奨学金を借りるのが普通という風潮 その借金は何のため?

仕送りと奨学金に関する記事がありました。Yahooやツイッターで見たひともいるでしょう。 <大学生の食費は1日825円>バブル期から半減した仕送り額と500万円の借金 | メディアゴン(MediaGong) 記事の元データはこちら。 第51回学生生活実態調査の概要報告…

他人のサボりについてどう考えますか? サボりへの考え方で適正がわかる

みなさんはサボりについてどう考えますか?サボりについての考え方は個々人の価値観がモロに出るところであり、向き合い方が適正を決めるといっても過言ではありません。特に他人のサボりについてはある程度の考えを持ったほうがいいです。

柔道の扱われ方について思うこと 経験者にとっての柔道

Yahooを見ていたところ、柔道の記事を発見。タイトルからしていつものごとくネガティヴな記事でした。 個人的に思うのは、まあそんな感じの書き方されるよなぁと。タイトルの時点で読む前に想像できました。 たしかに柔道には「いかにも」なイメージがあって…

勉強そのものが目的になっちゃダメでしょ 目的化した勉強は投資ではない

2記事ほど、英語やプログラミングの教育について批判的な記事を書きました。内容としては問題提起のようなもので、言いたかったのは教育が消費物化している現状についてです。 記事の内容について、「勉強がムダだとかバカじゃないの?」と思ったひとも少な…

プログラミング教育が重要って絶対何かあるでしょ 意識高い系にまつわる素朴な疑問②

英語に続き、最近ではプログラミング教育の重要性が叫ばれるようになっています。 これについても完全には賛同できないというのが率直な感想であり、求められるものが特殊なことや、教育そのものが目的化している点については否定できません。

インターンについて思うこと 「インターンを雇って失敗した話」より

インターン生のやる気のなさ、およびそれを愚痴った記事が話題になっています。 blog.mtrl.tokyo こうなるのも最初から見えていたでしょう。インターンなんてめずらしいものでも何でもなく、みんなやっている類のことですから。