ケーススタディの人生

不満足な生活を脱して充実した生活を送りたい方必見!

MENU

仕事-ビジネス

「三方良し」の裏の解釈を説明する お客様第一の本質とは?

ビジネスの世界ではよく話題になる「三方良し」。 表の意味では売り手・買い手へのメリットや社会貢献と言われることが多いですが、別の解釈も存在します。 三方良しには「いい商品」についての考え方が詰まっており、その本質を知っておいて損はありません…

自分を安売りしない人のほうが夢や目標を実現しやすい理由 安売りしないから優秀になれる

無料や格安をウリにして商売をする人は少なくありません。 「このクオリティでお金取るのはないだろう」「今の自分では安売りしないと売れない」 お金を取る取らないは個人の自由ですが、目標を実現したり成功者になるということを考えた場合、安売りはあま…

「若い頃の苦労は買ってでもしろ」の裏の意味

成長に関する格言のなかに「若い頃の苦労は買ってでもしろ」というのがあります。 誰が言っているかによって意味合いが変わってくるこの言葉、ウラの意味を考えてみるとまた面白かったりします。 普段は若者をこき使うための言い訳として使われますが、それ…

ドアを叩く営業マンはコミュ障 ウザい営業マンが減らない理由

営業マンがやってきて、こちらが無視しているにもかかわらずピンポンを連打。挙句の果てにはドア叩き。 こんな経験、一度や二度はあるでしょう。 ピンポン押しまくってドア連打からの「いるのはわかってますよ」はもはや定番です。 しつこい営業は何の効果も…

「理系=コミュ障」という風潮が、本当のコミュ障を生み出している理由

「理系=コミュ障」という風潮はずっと前から存在します。「理系」という言葉には「オタク」というイメージがあり、専門知識の詳しさが忘れられているのが現実です。 理系で勉強できる人、口下手な人がコミュ障扱いされていじられる。その一方で口がうまい人…

多くの人が気づかないうちに「命令」をしてしまっている

人に何かを指示する際、「命令のように聞こえるか」というのは大きな意味を持ちます。 「○○しろ!」と命令のように指示すれば狙い通りに動いてはくれませんし、逆にお願いする姿勢でかつメリットも提示すれば、120パーセントのパフォーマンスを出してくれる…

よりよい人生にしたければ、仕事の頑張りどころを見極めよう

人生の質を上げるには、頑張りどころを見極めることも大切です。 仕事において頑張りどころを間違えると報われないどころか、時間そのものをムダにしてしまうでしょう。 頑張りどころをしっかりと見極め、頑張るべきところで全力で頑張れることに対して頑張…

仕事が出来る人や稼げる人の行動の特徴をまとめてみた

仕事がデキる人、チャンスをものにして稼いでしまう人たちには、共通して見られる行動があります。 彼らがなぜ結果を出していい思いをできるかといえば、結果を出しやすい行動を知っているから。 結果につながりやすい行動について知っているからこそバンバ…

仕事が出来る人や稼げる人は情報の受け取り方が違う

稼げる人と稼げない人、仕事がデキる人とデキない人とでは、情報の解釈の仕方にも違いがあります。 いくら能力を持っていても情報の解釈を間違うと稼ぐことはできませんし、コミュニケーションをとることもできません。 稼ぐ上では与えられた情報をどうとら…

「友達が遊んでいる時に努力するやつが成功する」の裏の意味

成功者やプロアスリートの話題では「成功するのは、友達が遊んでいるときに努力したやつだ」というのがしばしば語られます。 確かに事実であることは間違いないのですが、これをそのままとってしまうと悲壮感だらけの悲しさしか感じることができないでしょう…

自分で判断できるようになることが、損をしないための第一歩

周囲と同じ行動をとることで安心する人は多いですが、「同化は安全を担保しない」というのに気づけないと痛い目にあうでしょう。 日本では周りと同じことが求められ、周りに合わせられない人は仲間はずれにされますが、周囲と同じことが損をしないかといえば…

なぜ「友達がいない」は問題にならないのか 人脈づくりの秘訣

一般論では「友達がいない」というのがまるでダメなこととされていますが、実利の面でみるとそうでもなかったりします。 一言に友達といってもさまざまで、あなたをレベルアップさせてくれるような人がいれば、逆にあなたからパワーを吸い取っていく人もいま…

仕事が出来る人はいつも同じものを食べる

いつも同じものばかり食べる人は、それなりの理由や考え方があって同じものを食べる生活をしています。 同じものばかり食べる側の考えとしては 余計なところで冒険したくない うまくいったパターンは繰り返す というのがあり、合理論に基づいた考え方です。 …

なぜ副業は禁止されるのか 副業禁止で得をするのは経営者

副業を容認する会社が増えてきているといえども、副業禁止の風潮はまだまだ強いです。 考えてみれば当たり前のことであり、今職場を仕切っている人は副業禁止を当たり前と信じて働いてきたわけですし、下の人間が不真面目だと困るわけです。 副業禁止につい…

圧迫面接にみる、人を見抜く話し方 圧迫面接を解析してみる

一見して叩かれるべき対象である圧迫面接ですが、ちょっと視点をずらすと勉強になる部分もあります。 圧迫面接は相手の忍耐力を測るためのもので、従順な人材を見抜くのに使われます。極端な圧迫以外にも、1回目はボロクソに叩いておき、2回目にアメを与える…

デキる人はAIを使う側にまわる

人工知能(AI)が仕事を奪うのはしばしば話題になりますが、AIに関する技術、AIを使う側の人間が得をするようになるのは否定できないでしょう。AIが登場することでデキる人はよりデキるようになりますし、デキない人は置いてきぼりを食らうだけ。 つまり、AIが…

早起きはお金持ちへのレール

早起きすることはお金持ちへの第一歩です。 朝の時間を使うことで確実かつ効率よく作業ができますし、朝の積み重ねはあなたをお金持ちに近づけてくれます。 朝の時間を使ってコツコツと作業することで、収入源が増えてお金持ちになれるのです。 また生活リズ…

人生を充実させたければ、自分の得意に素直になろう

「今の生活がつまらない」「この退屈な生活を変えたい」 生活に楽しさや充実度があれば、生活そのものが楽しくなるのはいうまでもありません。 楽しい生活を実現するにはコツが存在し、それは 自分の得意で頑張る というもの。すなわち自分に対する素直さ。 …

お金の教養は早いうちに身につけるべき マネーリテラシーが、人生を安全で豊かなものにする

ここ最近、18歳の起業家が話題になっています。レールを外れることの是非、Web上でのキャラについて色々と記事が上がっており、ここまで話題になるのもめずらしいです。 もし彼が本当にビジネスをはじめて稼ぐのであれば、お金の知識がつくという点で大きく…

「楽して稼ぐ」は可能? 「お金は楽には稼げない」の裏の意味

お金を稼ぐことについて、世間一般では 「お金は楽には稼げない」 という認識があります。 一般論では楽して稼ぐのは不可能であり、お金は汗水たらして稼ぐものという認識です。 しかしながら、この言葉もちょっと見方を変えると面白いものが見えてきます。 …

自己啓発本やビジネス書の読み方 本も適材適所

自己啓発本やビジネス書については、必ずといっていいほど「そんなゴミは読む必要がない」というコメントがなされます。たしかに古典や名作では本質について書かれまくっていますし、勉強にはもってこいでしょう。書かれている情報自体は参考になることばか…

経歴は能力を担保しない 才能は気づくもの

「苦手なことはさっさとやめるべき」「得意なことで結果を出しまくれ」 こういうのは昔からずっといわれ続けていることですが、いざ実行に移すとなるとできない人が多いです。 実際にはこれを実行に移せるか移せないかでかなり大きな違いが出てきます。結果…

振りきれた性格やマイノリティの立ち回り方 極端な性格は「最後に」得をする

振りきれた性格のひと、マイノリティになってしまうタイプのひとは、しばしば人間関係で悩みます。あるいは世間体や恥というものに対しての考え方がまわりとズレており、反りが合わないということも。 そのようなゼロイチな点について、わたしとしては克服す…

重要な情報が欲しければ、話し方や聞き方を工夫しよう

質問には聞き方というものがあります。 明るい話題やメジャーなことなら何も考えなくてよいのですが、コアな情報を手に入れようと思う場合にはそれなりの方法を考えなくてはなりません。 エンタメのことについては真正面から聞いても問題ありません。 話題が…

運のよさに対する考え方 努力と成功はどう捉えればよいか

どんなことをするにせよ、運のよさというのは絡んできます。能力があっても最後には運ですし、成功しやすいやり方や体質があるのは否定できません。成功するしないはある程度プロセスによってコントロールできますが、できない部分があるのも事実。そのよう…

スポーツは学びの場として優秀 体育会系は不利になるのか

体育会系については賛否両論です。しかしながら、最近ではクリエイティヴさの重要性が語られる場面が出てきており、体育会系が不利になるかのように見えます。たしかに、与えられたことばかりをこなすという一面を見れば、そうなるのも不思議ではありません…

自己啓発のエグい解説を見つけた 「世界の大富豪2000人に学んだ本当はすごい成功法則」より

わたしってエグい解説に縁があるんですかねぇ…。笑またおもしろいのを見つけました。

「お前にはムリだ」と言われたときの対処法 ヘコむ必要はありませんよ!

あなたが実現のむずかしい目標をかかげれば、必ずといっていいほどまわりから「お前にはムリだ」という言葉が飛んで来るでしょう。 リアルで友達に夢を語って、「そんなのお前にはムリだ」なんて言われた経験が誰でもいちどはあるはずです。 そのような「お…

お金持ちになりたければ、細かいことを気をとられてはいけない 全体を見て重み付けせよ

ことばの細かい定義、あなたは気にするタイプですか? もし常に気にするタイプであれば、少々注意が必要でしょう。記事ひとつ読むにしても、全体の流れではなく定義だとかいうところに目が行くと本質を見失うもの。 多くの場合において、情報の定義や正確さ…

ひとを幸せにして自分も幸せになろう! 幸せになるコツとは?

「自分が幸せになるには、まず他人を幸せにしなければならない。」この言葉は色んな意味で正しいようです。 ものごとの流れを大ざっぱに見た場合、成功者というのはひとを幸せにするのがうまいです。これは言葉通りの意味合いが強く、買う側は安心や満足感を…

授業でのグループワークに何を見るか 絶対に編集者になったほうがいい理由

情報のハブになるというのは何も特定のサークルに入るだけではなく、教育の過程においてもその重要性は体験できるものです。 今やパワーポイントでのスライド作成は教育の過程で必ずといっていいほど教わります。グループでの作業になることもめずらしくなく…

目立たないのも能力のうち サロンが話題の今、考えること

「ブログをはじめてから○ヶ月で○○万PV達成しました」このような記事が最近は多いです。しかしながら単に感情的に否定するひとが多く、そのビジネスモデルだとかについて考えるひとは少ないのが現状。ブログサロンやブログコンサルタントというものも、分解す…

「○○すべき」にひそむワナ 批判の9割は聞かなくても問題ない

今日も今日とてネットでは論争が繰り広げられます。記事を書く→「○○すべきだ!」みたいなコメントをもらうというのを経験したひとは少なくないはずです。そのようなべき論に対して、あなたはどう考えますか?べき論への姿勢は考えておいて損はなく、身を守る…

上から目線は悪いことなのか 上から目線は◯◯を解決する!

わたしたちは小さい頃から「上から目線はいけないことだ」と、しつこいほど刷り込まれます。そのような刷り込みから、多くのひとは上から目線という言葉に対して嫌悪感を感じるでしょう。 しかし上から目線にはさまざまなメリットが存在しますし、また無意識…

パクリはブログをやらない理由になるか 不正行為への姿勢で金銭的センスがわかる

ブログをやっていると記事のコピペに遭うでしょう。コピペは不正行為のひとつであり、不正行為についてどう考えるかは金銭的なセンスに直結します。

成長はカネで買える 成長したければ場数をふめ

「お金で買えないものはない。」この言葉は100パーセント正しいわけではありませんが、かといってまったく役に立たないというわけでもありません。 成長という点では、多くのものがお金で買えます。 本や教材を買うというのは本当に手軽かつ簡単に思いつくも…

賭けはしてもいいけど、信用はしちゃダメだ 自己投資がなぜ効率いいのか

ひとに何かを頼むにあたり、個人的に思うことがあります。それは「賭けはしてもいいけど、信用はしちゃダメだ」ということ。他人はコントロールできないため、こういうのを意識すればそこまで取り乱すこともないでしょう。

お金持ちになりたければお金の話を生活に取り入れよう ゲス野郎こそが本質を把握している

日常生活にお金儲けの話が飛び交うというのは、個人的にはとてもすばらしいことだと思います。 なぜなら常にお金の話をすることでセンスが磨かれますし、お金へのネガティヴな思い込みがなくなるからです。 日ごろからお金の話をするというのは、お金を上手…

お金持ちになりたければ稼げるひととつながれ インプットを舐めるべからず

記事の序盤で戻るボタンを押したひとも多いのではないでしょうか。読み進めていくと具体例が提示されており、そこまで難解というわけでもありません。読んでいくほど簡単になっていくという構造をしています。 目次 稼ぎたければ稼げるひととつながれ 稼げる…

満員電車はあらためてクソだと感じた 移動時間は軽視できない

この間学会に行ってきて感じたのですが、満員電車ってやっぱクソですね。会場までの移動時間、何もできない時間が続き、生産性が下がりまくり。たとえひとが少なくなっても、やれることは読書ぐらい。集中力が下がるというおまけ付きなので、いい印象は持ち…

学生ベンチャーという夢 大学における違和感

大学院になってからというもの、学生ベンチャーの話が少なくない頻度で出てきます。実際、学内には分野が限定的ですが起業関連の施設があり、また大学との連携ということで話題になってもおかしくはありません。授業において学生ベンチャーの素晴らしさが語…

お金に縁のあるひとたちって大抵固まってるよね マイノリティを探すにはマイノリティをたどれ

お金持ちの子供はぶっ飛んでいる以外にも特徴があります。それは「お金に縁のあるひとたちって固まっているよね」というもの。 お金持ちの子供が極端という記事で紹介したA君ですが、あれ以外にもおもしろいところがあって、学生で会社持っているひととつな…

努力やチャレンジはいいことなのか 挑戦についてまわる2つの問題

努力や挑戦はいいことなのか。これについては明確な答えがありませんが、一般論としてはいいことのように扱われています。 しかし、わたしとしては努力やチャレンジそのものが持ち上げられすぎではないかと感じます。

独立系の記事、パターン化していませんか? ネガティヴの裏にあるもの

ここ最近、ブログで独立することが話題となっています。 blog.livedoor.jp www.mazimazi-party.com ブログ飯そのものについては今まで何回も話題になってきているので、ここでは深入りしません。 わたしが気になったのは、論調が決まりきっているということ。…

勉強そのものが目的になっちゃダメでしょ 目的化した勉強は投資ではない

2記事ほど、英語やプログラミングの教育について批判的な記事を書きました。内容としては問題提起のようなもので、言いたかったのは教育が消費物化している現状についてです。 記事の内容について、「勉強がムダだとかバカじゃないの?」と思ったひとも少な…

なぜ「誰かの役に立つ」のが大事なのか グレーな商売と合理性

「ブログで稼ぐ」がまた話題になってきているので、ここでグレーな商売についてちょっと考えてみましょう。 なぜひとを騙す商売ではなく、役に立つことをした方がいいのか。これにもちゃんとした原理のようなものがあって、単に不正はいけないという類のもの…

不安で動けないなら本を読め 情報は不安を解消する

.wlEditField { behavior: url(#default#.WLWRITEREDITABLESMARTCONTENT_>_.WLEDITFIELD_WRITER_BEHAVIOR) } blockquote { behavior: url(#default#BLOCKQUOTE_WRITER_BEHAVIOR) } #extendedEntryBreak { behavior: url(#default##EXTENDEDENTRYBREAK_WRITER…

なぜ「専門」を複数持つべきなのか 選択と集中はだいじ

あなたには専門と呼べるものがいくつありますか?経歴についてではなく、自分のなかで理解度に自信のあるものはどれぐらいありますか?

データや数字が無機質ではない理由 みなさん、家計簿を見てみてください

みなさんはデータや数字といったものに対して、どのような感想を持つでしょうか。大半のひとはこう思うことでしょう。

地震と震災ビジネス 自然災害が、仕事を生む。

前回に引き続き、震災で稼ぐことをテーマに書いていきます。