ケーススタディの人生

不満足な生活を脱して充実した生活を送りたい方必見!

MENU

仕事

自分を安売りしない人のほうが夢や目標を実現しやすい理由 安売りしないから優秀になれる

無料や格安をウリにして商売をする人は少なくありません。 「このクオリティでお金取るのはないだろう」「今の自分では安売りしないと売れない」 お金を取る取らないは個人の自由ですが、目標を実現したり成功者になるということを考えた場合、安売りはあま…

実は意外と高い「なんでもできる人」の価値 スペシャリスト信仰が危険な理由

何かに特化した人だけが活躍でき、それ以外は活躍できない。 一般論ではこれが信じられており、特にプロフェッショナルの世界においてはひたすら高い能力が求められるかのように見えます。 しかしながら実際には「なんでもできる人」の価値は高く、経験豊富…

優秀な人ほど我慢をしない 我慢し続けるとかえって精神が弱くなる理由を説明する

一般論では「我慢は美徳」とされ、我慢し続ければ強くなるかのようなことが謳われます。 たしかにイヤなことにも耐え、言われたことをこなしていれば、精神力が強くなるかのように思えなくもないでしょう。 しかし実際に「我慢」という言葉が使われる状況を…

仕事が出来る人になりたいあなたにおすすめの本14冊

仕事がデキる人には共通した特徴があります。 彼らの考え方には共通点がいくつかあり、その法則を知ることであなたもデキる人の仲間入りをすることが可能です。 しかしながら、デキる人の思考の法則については誰も教えてくれません。 デキる人になるため考え…

なぜ一部のデキる人に仕事が集中してしまうのか 仕事が集中する人の心理

仕事の場においては、一部の有能な人に多くの仕事が集中します。 「仕事における結果の大半は2割の人によってもたらされる」という働きアリの法則のように、仕事で重要な人はそこまで多くありません。 仕事がデキる人からすればサボっている人もそこまで気に…

「若い頃の苦労は買ってでもしろ」の裏の意味

成長に関する格言のなかに「若い頃の苦労は買ってでもしろ」というのがあります。 誰が言っているかによって意味合いが変わってくるこの言葉、ウラの意味を考えてみるとまた面白かったりします。 普段は若者をこき使うための言い訳として使われますが、それ…

仕事が出来る人が机の上でもミニマリストになる4つの理由 机の上を巡るウソ・ホント

仕事がデキる人の机はきれいに整っていて、その他大勢のデキない人の机は散らかっている。 一見すると机の散らかり具合は仕事の能力に関係ないように思われますが、よく考えてみるとあながちそうでなかったりします。 デキる人の行動や判断基準と机の上を照…

「ノウハウ」と呼ばれるものの正体を考察してみた

仕事におけるノウハウはいつも秘密にされます。 ネットには公開されず業務秘密とされるなど、ノウハウは「公開してはいけないもの」として扱われます。コミュニティ内でのみ共有される知識や技術は少なくありません。 では、その「ノウハウ」と呼ばれるもの…

優秀な人は本当に英語が出来るのか? 仕事が出来る人の語学への考え方

英語が出来るとすごいと言われ、英語が使えない人の何倍も優遇される。 日本においては英語が使えるかどうかで扱いが大きく変わり、転職や昇進にも用いられるほどです。 しかし優秀な人とそれ以外とでは英語に対する姿勢に違いがあります。 デキる人はほかの…

ドアを叩く営業マンはコミュ障 ウザい営業マンが減らない理由

営業マンがやってきて、こちらが無視しているにもかかわらずピンポンを連打。挙句の果てにはドア叩き。 こんな経験、一度や二度はあるでしょう。 ピンポン押しまくってドア連打からの「いるのはわかってますよ」はもはや定番です。 しつこい営業は何の効果も…

「理系=コミュ障」という風潮が、本当のコミュ障を生み出している理由

「理系=コミュ障」という風潮はずっと前から存在します。「理系」という言葉には「オタク」というイメージがあり、専門知識の詳しさが忘れられているのが現実です。 理系で勉強できる人、口下手な人がコミュ障扱いされていじられる。その一方で口がうまい人…

外道なことをするのは物事を知り尽くした玄人ではなく、無知な素人である理由

残酷で道から外れたことをするのは、実のところ業界や専門知識について熟知した玄人ではありません。 実際に外道なことをするのは玄人ではなく素人で、クソ安い金額で仕事を投げたりするなど、実例は数え切れないほどです。 専門的な部分に詳しい玄人であれ…

上から目線が立派な「戦略」である理由

世間一般では叩かれる対象でしかない「上から目線」。 一見すると失礼にしか見えない考え方ですが、分解してみると人生の戦略レベルで使える考え方だったりします。 卑しいとされる「上から目線」的な考え方が、小手先の「戦術」ではなく一生通しての「戦略…

「文章が下手ですみません」を使いたがる人は誠実さゼロ

メールなど文章の最後に「文章が下手ですみません」を付けるのは、逃げる以外の何物でもありません。 anond.hatelabo.jp 「文章が下手ですみません」を好んで使う人は、「自分は悪くない」という責任転嫁の気持ちだらけです。 これは「させていただきます」…

家賃補助はお金持ちのためのものであって、貧乏人が贅沢するためのものではない

福利厚生のなかでも、家賃補助や住宅手当は結構話題になります。つまりはそれだけ節約に熱心な人が多く、なんとしても固定費を抑えたいという思いが就職する側にはあるわけです。 しかしひとつ注意しておくべきなのが、マネーリテラシーのない人にとっては毒…

多くの人が気づかないうちに「命令」をしてしまっている

人に何かを指示する際、「命令のように聞こえるか」というのは大きな意味を持ちます。 「○○しろ!」と命令のように指示すれば狙い通りに動いてはくれませんし、逆にお願いする姿勢でかつメリットも提示すれば、120パーセントのパフォーマンスを出してくれる…

なぜ「人脈のための趣味」でも問題ないのか

一般論では、人脈のために趣味をするのは卑しいとされています。しかしながら自己投資という視点から考えれば、「人脈のための趣味」はむしろ有意義な趣味の選び方です。 あなたが人脈を求めて趣味を始めるのは全然”あり”ですし、高いお金を払う場ほどすごい…

地方の女子柔道に学ぶ、ブルーオーシャンの重要性 天才とは勝負するな

あなたが生きていくうえでは何らかの仕事をして稼ぐことになりますが、専門家ばかりのところで働かないというのは注意しておくべきでしょう。 もしあなたが同じ分野の専門家と一緒に働けば、もれなくレッドオーシャンで仕事をすることになります。 専門知識…

なぜあなたが忙しいときほど思いやりや慎重さを持つべきなのか

忙しい時というのは自分本位になってしまいがちです。あなたも忙しくて時間がない時期に、自分のことだけ考えて動いてしまった経験があるでしょう。 しかしながら自分本位な姿勢はあまりウケのいいものではなく、「この人は自分本位なんだな」というように思…

なぜ優秀な人とは成功する前につながるべきなのか

「お金持ちと結婚したい」「優秀な人と一緒に働きたい」 優秀な人とつながりたいと考える人は少なくありません。仕事でもプライベートでも、優秀な人というのはとにかく引っ張りだこです。 もしあなたが優秀な人とつながりたい場合、意識しておいて欲しいの…

よりよい人生にしたければ、仕事の頑張りどころを見極めよう

人生の質を上げるには、頑張りどころを見極めることも大切です。 仕事において頑張りどころを間違えると報われないどころか、時間そのものをムダにしてしまうでしょう。 頑張りどころをしっかりと見極め、頑張るべきところで全力で頑張れることに対して頑張…

仕事が出来る人や稼げる人の行動の特徴をまとめてみた

仕事がデキる人、チャンスをものにして稼いでしまう人たちには、共通して見られる行動があります。 彼らがなぜ結果を出していい思いをできるかといえば、結果を出しやすい行動を知っているから。 結果につながりやすい行動について知っているからこそバンバ…

「友達が遊んでいる時に努力するやつが成功する」の裏の意味

成功者やプロアスリートの話題では「成功するのは、友達が遊んでいるときに努力したやつだ」というのがしばしば語られます。 確かに事実であることは間違いないのですが、これをそのままとってしまうと悲壮感だらけの悲しさしか感じることができないでしょう…

自分で判断できるようになることが、損をしないための第一歩

周囲と同じ行動をとることで安心する人は多いですが、「同化は安全を担保しない」というのに気づけないと痛い目にあうでしょう。 日本では周りと同じことが求められ、周りに合わせられない人は仲間はずれにされますが、周囲と同じことが損をしないかといえば…

なぜ「友達がいない」は問題にならないのか 人脈づくりの秘訣

一般論では「友達がいない」というのがまるでダメなこととされていますが、実利の面でみるとそうでもなかったりします。 一言に友達といってもさまざまで、あなたをレベルアップさせてくれるような人がいれば、逆にあなたからパワーを吸い取っていく人もいま…

自分の仕事にわざわざ悲壮感を持ち込む必要性はゼロ プロフェッショナルは楽しくやろう

自分の仕事をどのようにしてこなすかは各々違うわけですが、どうせやるなら明るく元気にやった方がお得です。日本では痛みや悲壮感にあふれた空気のなかでの仕事が当たり前のものとなっており、仕事以外の場でも元気に振る舞う人は異質扱いされることが少な…

圧迫面接にみる、人を見抜く話し方 圧迫面接を解析してみる

一見して叩かれるべき対象である圧迫面接ですが、ちょっと視点をずらすと勉強になる部分もあります。 圧迫面接は相手の忍耐力を測るためのもので、従順な人材を見抜くのに使われます。極端な圧迫以外にも、1回目はボロクソに叩いておき、2回目にアメを与える…

デキる人はAIを使う側にまわる

人工知能(AI)が仕事を奪うのはしばしば話題になりますが、AIに関する技術、AIを使う側の人間が得をするようになるのは否定できないでしょう。AIが登場することでデキる人はよりデキるようになりますし、デキない人は置いてきぼりを食らうだけ。 つまり、AIが…

仕事が出来る人は行列や混雑を避けて昼食を取る 優秀な人は運気にも気を配る

デキる人は時間の大切さやモチベーションの重要性をわかっているため、混雑や行列を嫌います。混雑している場所は運気が下がりますし、行列は時間が取られるので並びません。 混雑している場所に行く、行列にわざわざ並ぶというのは、それだけ自分の時間を差…

なぜあなたが好きや得意を仕事にすべきなのか

自分の得意に素直な人が得をする一方で、苦手を我慢して続ける人は延々と搾取される。 これは疑いようのない事実であり、どんな分野であれ存在するものです。 自分の得意や好きなことであれば結果が出やすく、すぐに評判になる。出した結果を使ってノウハウ…

ブラック企業から身を守るには、お金の教養や経営学を学ぶのが一番

ブラック企業や長時間労働問題はニュースが絶えませんが、問題の解決にはむずかしいものがあるでしょう。長時間労働がニュースになる頃にはすでに手遅れのようなものですし、そもそも大半の搾取は取り上げてすらもらえません。 仮にもし法改正でルールが変わ…

仕事が出来る人は善悪ではなく損得で判断する 善悪は結果を出してから

結果を出せる人は損得で行動する。もしあなたがデキる人になりたいのであれば、自分の仕事に対しては正義を持ち込まないというのを意識するといいでしょう。 いつも一定以上の成果を出すデキる人は、善悪ではなく損得で動きます。 大勢の人はデキる人に対し…

仕事が出来る人は失敗を怖がらずにチャレンジする

デキる人、優秀な人というのは、失敗への恐怖心がありません。 それどころか失敗をおそれずどんどんチャレンジし、結果とノウハウを獲得してしまいます。 デキる人が失敗に積極的なのは、失敗による影響をきちんと計算しているからです。 彼らは自分が失敗し…

仕事が出来る人の習慣は、怪しさがなくなったら終わり 怪しいノウハウや習慣への考え方

デキる人や成功者の習慣には、しばしば効果があるか怪しいものが存在します。 目標を紙に書く 部屋をきれいに保つ うまくいっている自分を寝る前にイメージする 一見して、優秀さと関係がないものばかりでしょう。しかしデキる人たちはみんな目標を紙に書い…

就職は時間の投資だが、多くの学生は実感がない

大学生にとって、就活は一大イベントです。大企業はみんなに人気ですし、学生はホワイトで給料がいいところ目指して就活をします。 しかし就職という選択肢を、時間の投資だと考えているひとは少ないです。 多くの大学生にとって就職とは進路を決めたり仕事…

早起きはお金持ちへのレール

早起きすることはお金持ちへの第一歩です。 朝の時間を使うことで確実かつ効率よく作業ができますし、朝の積み重ねはあなたをお金持ちに近づけてくれます。 朝の時間を使ってコツコツと作業することで、収入源が増えてお金持ちになれるのです。 また生活リズ…

人生を充実させたければ、自分の得意に素直になろう

「今の生活がつまらない」「この退屈な生活を変えたい」 生活に楽しさや充実度があれば、生活そのものが楽しくなるのはいうまでもありません。 楽しい生活を実現するにはコツが存在し、それは 自分の得意で頑張る というもの。すなわち自分に対する素直さ。 …

なぜ時間がないときこそ早寝早起きすべきなのか

忙しいとき、時間のないときに、徹夜を考えるひとは多いです。わたしも早起きが身につく前までは、徹夜しても問題ないと考えていました。 しかし、早起きや朝活が習慣化してからは徹夜の悪い点が丸わかり。 「徹夜するよりは早起きして仕事を片付けた方が”断…

集中力を上げるのは利回りの高い自己投資

自己投資にはさまざまな種類のものがありますが、その中でも集中力というのは利回りがかなり高い。 集中力を磨くのは仕事の効率化や質の向上につながり、時間の節約ができるという点でメリットが大きいです。 同じ量の仕事をこなすのであれば時間は短い方が…

仕事が出来る人は時間泥棒に敏感 人間関係も優先順位が重要

デキる人になるには、時間泥棒を回避する能力も重要です。 優秀な人がどのような時間の使い方をしているかといえば、重要な仕事や人間に対して優先的に時間を割いています。 それほど重要でないこと、くだらない雑談にかける時間は最小化し、自分の使える時…

仕事が出来る人は落とし穴だけでなく泥沼にも注意する

落とし穴に落ちない、致命傷を負わないというのは生きていくうえでの基本です。どんなことであれ「これをやってはいけない」的なのが存在し、それを回避し続けられる限りはガンガンチャレンジし続けることもできます。 しかし一発退場以外にも、じわりじわり…

仕事が出来る人は言われる前に動く 口下手でもコミュニケーションには問題ない!?

指示される前に動けるかどうかは、まわりと大きく差がつくところです。気が利くというのも同じようなもの。 デキるひとは決まって言われる前に動くもので、指示する側の考え方を理解しています。 こういうのはコミュニケーションの一種ではありますが、実は…

「楽して稼ぐ」は可能? 「お金は楽には稼げない」の裏の意味

お金を稼ぐことについて、世間一般では 「お金は楽には稼げない」 という認識があります。 一般論では楽して稼ぐのは不可能であり、お金は汗水たらして稼ぐものという認識です。 しかしながら、この言葉もちょっと見方を変えると面白いものが見えてきます。 …

仕事が出来る人は質問の作り方がうまい ノウハウを教えてもらうコツ

デキる人はわからないところを素直に質問する。これはよく言われることで、結果を出している人は実は教えてもらうのがうまいというのがあります。 「聞くは一時の恥聞かぬは一生の恥」という言葉と近いですが、できないところは知っている人に聞いたり、でき…

自己啓発本やビジネス書の読み方 本も適材適所

自己啓発本やビジネス書については、必ずといっていいほど「そんなゴミは読む必要がない」というコメントがなされます。たしかに古典や名作では本質について書かれまくっていますし、勉強にはもってこいでしょう。書かれている情報自体は参考になることばか…

経歴は能力を担保しない 才能は気づくもの

「苦手なことはさっさとやめるべき」「得意なことで結果を出しまくれ」 こういうのは昔からずっといわれ続けていることですが、いざ実行に移すとなるとできない人が多いです。 実際にはこれを実行に移せるか移せないかでかなり大きな違いが出てきます。結果…

仕事が出来る人は「モレのなさ」を重視する MECEができれば人生が変わる

「プレゼンで痛い質問が飛んできた」「長時間はたらいたが、やり直しになってしまった」 このような経験、誰もが一度はあるでしょう。事前準備をしっかりとしたつもりでも痛いところでミスというのは経験があるはずです。 はっきりいって、これを修正できれ…

仕事が出来る人の勉強法 優秀なプログラマに学ぶ、効率のいい勉強の仕方

「あの人はいつも仕事が速いし正確だ」「なんであんなにもアイデアが出てくるんだ」 優秀な人、デキる人に対しては、これらのようなことを思うでしょう。彼らのようになるにはコツがあり、それはアウトプットの試行錯誤だけではありません。 結論からいうと…

仕事が出来る人の仕事術 「徹底している」で終わってはいけない

仕事術はしばしば話題になりますが、本当にデキる人というのは意外と単純だったりします。 それこそ「忍耐力」「コミュニケーション力」というように、すんごいわかりやすいです。しかしながら、そこで解析を止めてしまっては単なる観察で終わってしまいます…

あなたの師匠はどんなひとですか? 「こんな大人になりたい!」より

師匠やメンターを持つのはいいことですが、注意すべきことがあります。それはできるだけ高いレベルのひとを選ぶこと。師匠のレベルがあなたのレベルを決めるといっても過言ではなく、憧れるひとのレベルというのは意識的に高くした方がいいでしょう。もしあ…