ケーススタディの人生

不満足な生活を脱して充実した生活を送りたい方必見!

MENU

お金があるのに使わない人の心理 売り手と買い手はどうあるべきか

「あの人はなぜお金を持っているのに使わないのか」「身に付けている物と生活が釣り合っていない」 お金を持っているのに使わないという人は少なくありません。 彼らには共通した思考があり、必要な物以外にはお金を使わないという考え方。 この思考そのもの…

「三方良し」の裏の解釈を説明する お客様第一の本質とは?

ビジネスの世界ではよく話題になる「三方良し」。 表の意味では売り手・買い手へのメリットや社会貢献と言われることが多いですが、別の解釈も存在します。 三方良しには「いい商品」についての考え方が詰まっており、その本質を知っておいて損はありません…

自分へのご褒美を浪費から投資に変える方法

自分へのご褒美は浪費というのが一般論で、苦労の後にちょっとした贅沢をする人は情弱扱いされます。 たしかに「我慢→ストレス解消に贅沢」という流れがお金を無駄にすることに変わりはなく、アホに見えるのも否定できません。 しかし自分へのご褒美もやり方…

年賀状を書かない人が増えているからこそ、書くメリットは大きい 紙媒体の意外な使い方

最近では年賀状を出す人が減り、LINEなどでのやり取りが増えています。 たしかに電子データとしてやり取りした方が便利ですし、年賀状を出す、それも手書きとなると手間です。 しかしデータとしてのやり取りが増えているというのは、逆に言えば年賀状の希少…

自分を安売りしない人のほうが夢や目標を実現しやすい理由 安売りしないから優秀になれる

無料や格安をウリにして商売をする人は少なくありません。 「このクオリティでお金取るのはないだろう」「今の自分では安売りしないと売れない」 お金を取る取らないは個人の自由ですが、目標を実現したり成功者になるということを考えた場合、安売りはあま…

お賽銭の金額を4桁5桁にするメリット

お賽銭の額は十数円から数百円が一般的です。 初詣で「どれぐらいお賽銭入れればいいのか」といったことを考え、「十分ご縁がありますように」といった語呂合わせから15円を入れた経験があることでしょう。 お賽銭については必要経費のように考え、「必要最…

実は意外と高い「なんでもできる人」の価値 スペシャリスト信仰が危険な理由

何かに特化した人だけが活躍でき、それ以外は活躍できない。 一般論ではこれが信じられており、特にプロフェッショナルの世界においてはひたすら高い能力が求められるかのように見えます。 しかしながら実際には「なんでもできる人」の価値は高く、経験豊富…

お金の話は今のうちに向き合っておけ。どうせ周りは何も言えないんだから。

なぜかみんな趣味や仕事のことは話すけど、お金の話しない。なぜか自分だけ損しているようだ。 日常生活における会話の中にはさまざまなものが出てきますが、例外的にお金の話はほとんど出てきません。 しかしその一方ではみんなお金の面ではうまくやりくり…

優秀な人ほど我慢をしない 我慢し続けるとかえって精神が弱くなる理由を説明する

一般論では「我慢は美徳」とされ、我慢し続ければ強くなるかのようなことが謳われます。 たしかにイヤなことにも耐え、言われたことをこなしていれば、精神力が強くなるかのように思えなくもないでしょう。 しかし実際に「我慢」という言葉が使われる状況を…

仕事が出来る人になりたいあなたにおすすめの本14冊

仕事がデキる人には共通した特徴があります。 彼らの考え方には共通点がいくつかあり、その法則を知ることであなたもデキる人の仲間入りをすることが可能です。 しかしながら、デキる人の思考の法則については誰も教えてくれません。 デキる人になるため考え…

あなたは今年1年間でPDCAサイクルを何回回しましたか? 「1年の振り返り」に潜むワナ

毎年年末になると「今年1年の振り返り」みたいなのが話題になります。 トレンドネタでPVとか稼ぐのは別に悪くなく、「今年買ってよかったもの」みたいなのは商売の面で理にかなっているといえるでしょう。 ただ、「今年1年の振り返り」なんてのは日ごろからP…

要領の悪い人ほど合理主義者やミニマリストになりやすい理由

要領のなさに悩む人は少なくありません。 要領が悪いと「気がついたら自分だけ」みたいな状況に陥ってしまい、きまりの悪い思いをすることになります。 恥ずかしい思いをすることはイヤ みんなから浮くと恥ずかしい このような思いから要領が悪い自分にみん…

なぜ一部のデキる人に仕事が集中してしまうのか 仕事が集中する人の心理

仕事の場においては、一部の有能な人に多くの仕事が集中します。 「仕事における結果の大半は2割の人によってもたらされる」という働きアリの法則のように、仕事で重要な人はそこまで多くありません。 仕事がデキる人からすればサボっている人もそこまで気に…

「若い頃の苦労は買ってでもしろ」の裏の意味

成長に関する格言のなかに「若い頃の苦労は買ってでもしろ」というのがあります。 誰が言っているかによって意味合いが変わってくるこの言葉、ウラの意味を考えてみるとまた面白かったりします。 普段は若者をこき使うための言い訳として使われますが、それ…

「お金稼ぎは卑しい」という考え方が縛りプレイにしか見えない件

日本にはびこる「お金稼ぎは卑しい」という風潮。 本心では稼ぎたいと思いながらも「お金を稼ぐことはいけない」と板挟みになる人は少なくありません。 実際にはお金稼ぎは卑しいものではなくて、たくさん稼げばむしろ人を救うこともできます。 もしあなたが…

仕事が出来る人が机の上でもミニマリストになる4つの理由 机の上を巡るウソ・ホント

仕事がデキる人の机はきれいに整っていて、その他大勢のデキない人の机は散らかっている。 一見すると机の散らかり具合は仕事の能力に関係ないように思われますが、よく考えてみるとあながちそうでなかったりします。 デキる人の行動や判断基準と机の上を照…

「ノウハウ」と呼ばれるものの正体を考察してみた

仕事におけるノウハウはいつも秘密にされます。 ネットには公開されず業務秘密とされるなど、ノウハウは「公開してはいけないもの」として扱われます。コミュニティ内でのみ共有される知識や技術は少なくありません。 では、その「ノウハウ」と呼ばれるもの…

なぜ起業家やお金持ちにとって「社会不適合者」は褒め言葉なのかを説明する

「社会不適合者」という言葉は協調性や共感のなさを意味します。 一般的には「他人と違う」のは協調性のなさにあたり、「協調性がない=ゴミ」という認識が普通ですから、抜け駆けする人間に対しての風当たりは強いです。 しかしながら、起業家やお金持ちに…

本当に稼いでいる人がOB会に来ない理由

OB会に集まり、昔のことを話題に飲む。昔の仲間と飲んで話すのは、大衆的価値観からすれば楽しいのでしょう。 しかし成功者や起業家にとって、OB会は時間のムダです。 OB会に来る人の質を考えた場合、実はそこまでOB会はメリットがなかったりします。 目次 O…

優秀な人は本当に英語が出来るのか? 仕事が出来る人の語学への考え方

英語が出来るとすごいと言われ、英語が使えない人の何倍も優遇される。 日本においては英語が使えるかどうかで扱いが大きく変わり、転職や昇進にも用いられるほどです。 しかし優秀な人とそれ以外とでは英語に対する姿勢に違いがあります。 デキる人はほかの…

ドアを叩く営業マンはコミュ障 ウザい営業マンが減らない理由

営業マンがやってきて、こちらが無視しているにもかかわらずピンポンを連打。挙句の果てにはドア叩き。 こんな経験、一度や二度はあるでしょう。 ピンポン押しまくってドア連打からの「いるのはわかってますよ」はもはや定番です。 しつこい営業は何の効果も…

「理系=コミュ障」という風潮が、本当のコミュ障を生み出している理由

「理系=コミュ障」という風潮はずっと前から存在します。「理系」という言葉には「オタク」というイメージがあり、専門知識の詳しさが忘れられているのが現実です。 理系で勉強できる人、口下手な人がコミュ障扱いされていじられる。その一方で口がうまい人…

外道なことをするのは物事を知り尽くした玄人ではなく、無知な素人である理由

残酷で道から外れたことをするのは、実のところ業界や専門知識について熟知した玄人ではありません。 実際に外道なことをするのは玄人ではなく素人で、クソ安い金額で仕事を投げたりするなど、実例は数え切れないほどです。 専門的な部分に詳しい玄人であれ…

上から目線が立派な「戦略」である理由

世間一般では叩かれる対象でしかない「上から目線」。 一見すると失礼にしか見えない考え方ですが、分解してみると人生の戦略レベルで使える考え方だったりします。 卑しいとされる「上から目線」的な考え方が、小手先の「戦術」ではなく一生通しての「戦略…

「文章が下手ですみません」を使いたがる人は誠実さゼロ

メールなど文章の最後に「文章が下手ですみません」を付けるのは、逃げる以外の何物でもありません。 anond.hatelabo.jp 「文章が下手ですみません」を好んで使う人は、「自分は悪くない」という責任転嫁の気持ちだらけです。 これは「させていただきます」…

家賃補助はお金持ちのためのものであって、貧乏人が贅沢するためのものではない

福利厚生のなかでも、家賃補助や住宅手当は結構話題になります。つまりはそれだけ節約に熱心な人が多く、なんとしても固定費を抑えたいという思いが就職する側にはあるわけです。 しかしひとつ注意しておくべきなのが、マネーリテラシーのない人にとっては毒…

多くの人が気づかないうちに「命令」をしてしまっている

人に何かを指示する際、「命令のように聞こえるか」というのは大きな意味を持ちます。 「○○しろ!」と命令のように指示すれば狙い通りに動いてはくれませんし、逆にお願いする姿勢でかつメリットも提示すれば、120パーセントのパフォーマンスを出してくれる…

宝くじに当たらなくても、堕ちるやつは堕ちる なぜ成金は転落してしまうのか

「宝くじに当たった人が、ガンガン使って破産してしまう」というのは、仕事やお金の話となればよく言われることです。 しかし問題の根本を考えた場合、宝くじ当選後の没落は、成金が落ちていく理由にも当てはめることができます。 なぜ宝くじに当選しても貧…

情弱が貧乏になるのは、「なぜ」を考えないから

無知でリテラシーのない人は一般的に情弱と呼ばれ、いつも損をする側に回ります。情弱となってしまうのにも理由があり、それは「勉強をしないから」というのが一般論です。 ただ、勉強をしないといっても勉強の定義はあいまいですし、何を勉強したらいいのか…

なぜ「人脈のための趣味」でも問題ないのか

一般論では、人脈のために趣味をするのは卑しいとされています。しかしながら自己投資という視点から考えれば、「人脈のための趣味」はむしろ有意義な趣味の選び方です。 あなたが人脈を求めて趣味を始めるのは全然”あり”ですし、高いお金を払う場ほどすごい…

地方の女子柔道に学ぶ、ブルーオーシャンの重要性 天才とは勝負するな

あなたが生きていくうえでは何らかの仕事をして稼ぐことになりますが、専門家ばかりのところで働かないというのは注意しておくべきでしょう。 もしあなたが同じ分野の専門家と一緒に働けば、もれなくレッドオーシャンで仕事をすることになります。 専門知識…

なぜあなたが忙しいときほど思いやりや慎重さを持つべきなのか

忙しい時というのは自分本位になってしまいがちです。あなたも忙しくて時間がない時期に、自分のことだけ考えて動いてしまった経験があるでしょう。 しかしながら自分本位な姿勢はあまりウケのいいものではなく、「この人は自分本位なんだな」というように思…

なぜ優秀な人とは成功する前につながるべきなのか

「お金持ちと結婚したい」「優秀な人と一緒に働きたい」 優秀な人とつながりたいと考える人は少なくありません。仕事でもプライベートでも、優秀な人というのはとにかく引っ張りだこです。 もしあなたが優秀な人とつながりたい場合、意識しておいて欲しいの…

スランプ脱出に効果的な10個の対処法

スランプはイヤなものであり、できれば避けたいもの。しかしながら成長していく過程では必ず待ち受けているもので、今活躍している人たちもどこか一時期ではみんなスランプに陥り、苦労をしています。 スランプについては回避しようと考えずに、「どう対処し…

快適な生活を送るには、自律することが欠かせない

生活の快適さを上げる方法はいくつか存在しますが、自律能力というのも生活の快適度に大きく影響します。 自分を律して生活を一定に保ち、ひたすら同じ生活リズムで過ごしていく。これにより一定の体調を維持することができ、常に気持ち良い状態で過ごせます…

悲観的なことばかり考えていては、人生は前には進まない

人生は楽観的に生きてなんぼのもの。しかしながら悲観的な考えのもと、悲壮感だらけの思考に陥ってしまう人は少なくありません。 一時的に悲観的に考えることはあるにしても、すべてが悲観的というのもこれまたうまくいかないでしょう。 やはり生きていくう…

よりよい人生にしたければ、仕事の頑張りどころを見極めよう

人生の質を上げるには、頑張りどころを見極めることも大切です。 仕事において頑張りどころを間違えると報われないどころか、時間そのものをムダにしてしまうでしょう。 頑張りどころをしっかりと見極め、頑張るべきところで全力で頑張れることに対して頑張…

自分磨きにお金と時間をかけることが、人生の充実につながる

「楽しい生活を送りたい」「人生を充実させたい」 もしあなたが現状の生活に不満を感じているのであれば、自分磨きをしてみることをオススメします。時間やお金を使って自分磨きすることで、人生は充実した楽しいものになることでしょう。 自分磨きには 視野…

仕事が出来る人や稼げる人の行動の特徴をまとめてみた

仕事がデキる人、チャンスをものにして稼いでしまう人たちには、共通して見られる行動があります。 彼らがなぜ結果を出していい思いをできるかといえば、結果を出しやすい行動を知っているから。 結果につながりやすい行動について知っているからこそバンバ…

人間関係の整理が怖いと感じる場合の対処法

「人間関係を整理したいけれど、なかなか踏み切れない」「付き合いを整理するなんてなんだか悪いことのように感じる」 人間関係を整理するということに対して、罪悪感などから躊躇してしまう人は多いです。そうして付き合うべきではない人とばかり付き合い、…

仕事が出来る人や稼げる人は情報の受け取り方が違う

稼げる人と稼げない人、仕事がデキる人とデキない人とでは、情報の解釈の仕方にも違いがあります。 いくら能力を持っていても情報の解釈を間違うと稼ぐことはできませんし、コミュニケーションをとることもできません。 稼ぐ上では与えられた情報をどうとら…

一番の陰口対処法はリッチになることだ

陰口への対処法はさまざまあるわけですが、一番効果的なのは生活階級を上げてしまうことでしょう。 生活階級を上げれば陰口が気にならなくなり、どんなに陰口を叩かれようとスルー可能。陰口は相手と同じ土俵にいるから気にしてしまうのであって、自分の生活…

「友達が遊んでいる時に努力するやつが成功する」の裏の意味

成功者やプロアスリートの話題では「成功するのは、友達が遊んでいるときに努力したやつだ」というのがしばしば語られます。 確かに事実であることは間違いないのですが、これをそのままとってしまうと悲壮感だらけの悲しさしか感じることができないでしょう…

自分で判断できるようになることが、損をしないための第一歩

周囲と同じ行動をとることで安心する人は多いですが、「同化は安全を担保しない」というのに気づけないと痛い目にあうでしょう。 日本では周りと同じことが求められ、周りに合わせられない人は仲間はずれにされますが、周囲と同じことが損をしないかといえば…

なぜ「友達がいない」は問題にならないのか 人脈づくりの秘訣

一般論では「友達がいない」というのがまるでダメなこととされていますが、実利の面でみるとそうでもなかったりします。 一言に友達といってもさまざまで、あなたをレベルアップさせてくれるような人がいれば、逆にあなたからパワーを吸い取っていく人もいま…

自分の仕事にわざわざ悲壮感を持ち込む必要性はゼロ プロフェッショナルは楽しくやろう

自分の仕事をどのようにしてこなすかは各々違うわけですが、どうせやるなら明るく元気にやった方がお得です。日本では痛みや悲壮感にあふれた空気のなかでの仕事が当たり前のものとなっており、仕事以外の場でも元気に振る舞う人は異質扱いされることが少な…

休日の早起きには想像以上の充実がある

休日となると「夜更かし→昼に起きる」みたいな生活パターンをしてしまいがちですが、休日でも平常通り早起きすることにもメリットは存在します。 休日の早起きは時間的なアドバンテージや生活リズムの安定化の面でメリットが大きいです。 休日でも早起きする…

仕事が出来る人はいつも同じものを食べる

いつも同じものばかり食べる人は、それなりの理由や考え方があって同じものを食べる生活をしています。 同じものばかり食べる側の考えとしては 余計なところで冒険したくない うまくいったパターンは繰り返す というのがあり、合理論に基づいた考え方です。 …

なぜ副業は禁止されるのか 副業禁止で得をするのは経営者

副業を容認する会社が増えてきているといえども、副業禁止の風潮はまだまだ強いです。 考えてみれば当たり前のことであり、今職場を仕切っている人は副業禁止を当たり前と信じて働いてきたわけですし、下の人間が不真面目だと困るわけです。 副業禁止につい…

お金の教養は一番の習いごと 親も子供も学ぶ価値あり

趣味や習いごとを何にするかというのはしばしば話題になります。ピアノや料理、英会話と、その選択肢は多岐にわたるもの。 もしあなたが無趣味で困っているのであれば、お金のことを勉強してみてはいかがでしょうか? お金のことというと習いごとに見えない…